ピノッキオ★故フェデリコ・フェリーニの遺志をロベルト・ベニーニが継いだファンタジー

子どもと一緒に観た映画やDVD情報などを紹介します。新作・旧作、おかまいなしです★
日比谷花壇 フラワーギフト 通販 母の日
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/07(月)
子育てママの映画情報へ訪問ありがとうございます


ピノッキオ [DVD]ピノッキオ [DVD]
(2005/11/25)
ロベルト・ベニーニニコレッタ・ブラスキ

商品詳細を見る


ピノッキオ

「ライフ・イズ・ビューティフル」ロベルト・ベニーニが監督、主演
した映画です。

ロベルト・ベニーニを観るという意味では、
「ライフ・イズ・ビューティフル」を観たときの感動とはまた
違った味わいがありました。

原作はフィレンツェ生まれで、ディズニーアニメでも人気の「ピノキオの冒険」

その実写版です。
*この映画にリアリティを求めるとコケます。

すべての設定に、「なぜ」「どうして」というまっとうな
疑問をはさむ余地はありません。

CG技術やアニメーションの代わりに、生身の人間の動きを
重視したつくりになっています。

観客は、50才のロベルト・ベニーニが子どものあやつり人形を
演じているという違和感を乗り越えて観る必要があります。

それができれば、楽しめます

息子はその違和感を感じずに純粋に物語に入り込んで
いたようです。

ベニーニは天真爛漫なピノッキオを存分に演じていました。

個人的に私は巨匠フェデリコ・フェリーニの大ファンで、
イタリア映画好きです。

この映画は故フェリーニロナルド・ベニーニを主役にして
生前に構想していたのですから期待して当然。

イタリアの香りむんむんの「ピノッキオ」は、それだけで
充分楽しめました。

ストーリーは原作に忠実な風刺劇です。

暴れん坊の丸太から生まれたあやつり人形のピノッキオ
イタズラ好き。

誘惑に弱く、嘘を平気でつくピノッキオが、さまざまな失敗や
苦難を乗り越えて、人間へと成長する姿を描いた映画です。

あやつり人形から人間へ・・・という流れは、子育てそのものへの
皮肉なのかな・・・というのはナナメの目線でしょうか・・・?

この映画、残念ながらあまり評判はよくないようですが・・・
観客が何を求めるかによって、評価が分かれる映画だと思います。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 子育てママの映画情報 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。