カールじいさんの空飛ぶ家★

子どもと一緒に観た映画やDVD情報などを紹介します。新作・旧作、おかまいなしです★
日比谷花壇 フラワーギフト 通販 母の日
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/04(木)
子育てママの映画情報へ訪問ありがとうございます

ピクサー映画、「カールじいさんの空飛ぶ家」の原作本です。

愛する妻エリーとの思い出が詰まった家に、ひとり残されたカールじいさん。
78歳で冒険に旅立ちます。

無数の風船をつけた大切な家と一緒に飛び立ったカールが目指すのは、今は亡き妻エリーと夢見た冒険の地・・・。



映画を3Dで見ました。さすがに迫力がありました。

*息子(小3)は、「映画を観て、こんなにハラハラしたのは初めて・・・」と言って、興奮していました。

冒頭のシークエンスは、カールとエリーの出会いから愛情に満ちた結婚生活、そして別れを音楽と絵だけでつづっていました。

大人は、ここで泣くでしょう・・・。(私も泣きました)

孤独で偏屈になったカールじいさんと一緒に旅をするのは、父親の愛情を求める少年、ラッセル・・・。

子どものいないカールじいさんとラッセルの絆が深まっていく様子も心を打ちます。

途中で人間の言葉をしゃべれる(正確には首輪で翻訳している)犬が大勢登場し、大いに笑わせてくれます。

ヒーローだったはずの冒険家から命を狙われるハメになる後半部分は、ハラハラドキドキの連続です。

人生を大切に生きよう・・・家族との時間を大切にしよう・・・と、しみじみ感じた映画です


タグ : 原作本

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 子育てママの映画情報 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。