★ディズニー

子どもと一緒に観た映画やDVD情報などを紹介します。新作・旧作、おかまいなしです★
日比谷花壇 フラワーギフト 通販 母の日
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/01(月)



小学生の息子に「一番、好きな映画は?」と、聞いたら

「トイ・ストーリー

と、返事が返ってきました。

「トイストーリー」に負けないくらい、「トイストーリー2」も
面白い作品でした。

「トイ・ストーリー3」にも、期待しています。

絶対に観に行くつもりです

おもちゃたちの友情と冒険・・・。

本当に子どもの心を幸せにしてくれる映画です

うちの息子は、当時、飼っていたカブトムシに「バズ」という
名前をつけました。

カブトムシの「バズ」は、カブトムシのお相撲大会で優勝したんですよ

まだ、幼稚園生だった息子との楽しい思い出です・・・。


スポンサーサイト
2010/02/04(木)
子育てママの映画情報へ訪問ありがとうございます

ピクサー映画、「カールじいさんの空飛ぶ家」の原作本です。

愛する妻エリーとの思い出が詰まった家に、ひとり残されたカールじいさん。
78歳で冒険に旅立ちます。

無数の風船をつけた大切な家と一緒に飛び立ったカールが目指すのは、今は亡き妻エリーと夢見た冒険の地・・・。



映画を3Dで見ました。さすがに迫力がありました。

>> 「カールじいさんの空飛ぶ家★」 の続きを読む

タグ : 原作本

2010/02/04(木)
子育てママの映画情報へ訪問ありがとうございます

「モンスターズインク」は、公開当時に映画館で観て、ビデオで観て、DVDで観て、ケーブルTVで観て、さらに1月には地上波TVで観て・・・。

何回、観たか分かりません・・・。

しかもDVDも買ってしまったし・・・。

何度、観ても面白い

何度、観てもあきない・・・

わが家では、それが「モンスターズインク」です。



子どもの悲鳴を獲得するポイントNO.1の怖がらせ屋、サリーことジェームズ・P.サリバン。

>> 「モンスターズインク★」 の続きを読む
2010/02/06(土)
子育てママの映画情報へ訪問ありがとうございます

「スチュアートリトル」のスチュアートは白いねずみ、「トムとジュエリー」のジェリーも、かわいらしさで受入れられる・・・・。

でも・・・このレミーは、愛嬌があるとはいっても、灰色で見るからにドブネズミ・・・。

そのレミーと、レストランの厨房という組み合わせは、かなり無謀な気がしました。



特に、人間の調理人たちが厨房を放棄したあとに、仲間のネズミたちが助っ人として現れ、厨房はネズミでいっぱい。
それを見た瞬間に「ウ・・・」と口を押さえてしまった主人公リングイニのガールフレンドに、強烈に共感しました・・・。

まずは、自分の衛生観念とか、固定観念を乗り越えないと楽しめない映画ですね。

でも・・・子どもは平気なんですね

まだ、固定観念がないのでしょうか・・・?

レミーは確かにかわいいいです。料理好きの勉強熱心なネズミです。

いつかシェフになることを夢見ていますが、ネズミは厨房の嫌われ者。

なので、夢をあきらめかけています。

そのレミーの夢をかなえるために登場する、おちこぼれシェフのリングイニ。

リングイニとレミーが一緒につくる料理が美味しそう~~~~

パリの景色もすばらしくて・・・。

特別な世界にいる気分になります。

最後に運命を決めた「ラタトゥイユ」は、あまりにも美味しそう・・・。

ネズミへの抵抗感が消えてしまうほどの素晴らしさです。

映画を見終わった後、子どもと一緒に「お腹がすいたね~~~」と言って、小さなレストランでご飯を食べて帰りました


2010/02/07(日)
子育てママの映画情報へ訪問ありがとうございます

車に顔がついていることに違和感を感じてものの、当時、試写会に当選したので、息子(小3)と一緒に観に行きました。(当時は幼稚園の年長だったか・・・?)

結果・・・いや~~~得しちゃったわ

と、ホクホクな気分で帰ってきましたよ。



若き天才レーシングカー、ライトニング・マックィーン。

この主人公。最初はほんとに嫌なやつで・・・。

でも、冒頭から、レースシーンのスピード感に目を見張るものはありました。

こういう性格がいまいちな主人公が物語の中で成長していくというのは、お決まりのパターンなんですが、その度に感動してしまう私・・・。

「カーズ」の中で、ライトニング・マックィーンの成長の鍵を握るのは、寂れた町「ラジエーター・スプリングス」の住民たち 。

その中でも、全身傷とさびだらけの中型レッカー「メーター」と、伝説のレーサーで、ライトニング・マックィーンの憧れでもある、「ドック・ハドソン」が、キーパーソンだと思います。

「メーター」は、好きですね・・・。明るくてお人よし。絶対に憎めない。
「メーター」みたいな友達っていますよね。
大切にしなくちゃ・・・。

「カーズ」を観て、車をディズニーが映画にしたら、こんなにチャーミングでスリリングなあたたかい映画になるんだ・・・と、感動しました。

息子(小3)は、学校に持っていく下敷きも給食袋も、お道具袋も「カーズ」です

 | Copyright © 子育てママの映画情報 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。